Harb Absolute Kommbucha(コンブチャ)Kombucha Cleanse(コンブチャクレンズ)の元となった飲み物で、1970年代の日本で大ブームとなった紅茶キノコ。

 

かなり不思議な名前ですが(笑)要するに紅茶を元にした発酵飲料で、発酵させている時に株(タネ・菌)がキノコのように見えるので紅茶キノコと言われています。

なぜ紅茶キノコは人気が出たの?

 

kombuchakabu

 

なぜ紅茶キノコが一昔前の日本で流行ったのか?というのは幾つかの理由がありますが、主な理由は今回のコンブチャの流行と同じく紅茶キノコの「美容」と「健康」効果にあります。

 

紅茶キノコは発酵飲料なので整腸作用があり、腸をキレイにすることで肌や髪も美しくなる。紅茶由来のポリフェノールなども美容には注目されています。

 

そして、株さえあれば自宅でも手軽に作ることができ、友人やご近所同士で「株分け」できるのもブームになった要因になりました。少し前に流行した「カスピ海ヨーグルト」と同じような感じです。

 

当時は「紅茶キノコ健康法」という本が売れたりかなりのブームになっていました。

紅茶キノコの作り方は?

 

8b7e7c44b74edb6f3a1c9719a4b58a83

 

1:紅茶キノコを入れる容器(ガラス瓶など)を煮沸などで殺菌する。(500mlの場合)

 

2:冷めた紅茶を煮沸した瓶に入れ、砂糖(上白糖)を40g程度加える。

 

3:紅茶を入れた瓶に株(タネ・菌)を入れて、「布」や「ペーパーナプキン」など通気性のあるものでフタをし、台所の隅などに置いておく(常温)

 

4:5日ほど経過したら、瓶と株の隙間にストローを差し込んで味見。まだ甘いようだと発酵が進んでいない、甘酸っぱいフルーティな風味になってきたら出来上がり。酸味は個人のお好みでOK。

 

5:出来上がったら、こしてから瓶に入れて冷蔵庫で保存。この時に出来たキノコ(株)は次回のキノコ紅茶作りに使えますし、保存した液体の方も100ml程度残しておくことをお勧めします。

 

紅茶だけではなく緑茶やウーロン茶などでも可能ですし、発酵しすぎて酸っぱくなりすぎた場合はドレッシングなどにして利用することもできます。気温の高い夏場だと発酵は早く進行しますし、気温の低い冬場だと発酵ペーズは遅くなります

コンブチャとキノコ紅茶、どちらが効果的!?

キノコ紅茶を元に、200種類以上の原材料・栄養素を取り入れたつくられたのが現在のコンブチャやコンブチャクレンズです。

 

作るのが好きという方は、自分で作るのもアリだと思いますが、コンブチャやコンブチャクレンズの方が美容や健康効果は高いと言えます!それに、色々と揃えたり作る手間も要らないので買った方がラクです(笑)



★どのコンブチャが良いのかわからないならこちら!★ コンブチャランキング


>>山田優ちゃんも飲んでいるコンブチャクレンズ公式サイトはこちら!

★公式サイトはこちらから!★




★コンブッカ公式サイトはこちらから!★

KOMBUCHA(コンブチャ)